読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体と家計のダイエット

バツイチアラフォー男が弛んだ身体と家計をダイエットする日々

家計:Googleスプレッドで家計簿を作ってました。

家計ダイエット

 

小春日和の日曜日に

今日は天気もよく外出日和でしたね。

こんな天気のいい日に、一日引きこもってましたorz

いや、仕事のトラブルが先週半ばからあってなんとか昨日に解決したのですが、まだ油断ならなくていつ呼ばれるか判らなくてですね・・

なので、引きこもりついでにGoogleスプレッドシートで家計簿を作ってました。

 

家計簿は以前紹介しました細野真宏氏の家計ノートを使っているのですが、グラフとかを出すためにGoogleスプレッドでも記録をするだけはしていたのですよ。

この他にオンライン家計簿「Zaim」も使ったりしています。

 


 

 

 使い分け方は、

 

な感じです。

結局同じことを3つやってる訳ですが、それぞれ利点があって、整理できずにいたりしています。そんな中昨日の投稿である記事を見かけたことを記載しました。 

fceee.hatenablog.jp

 

style.nikkei.com

 

おおざっぱに言うと、「家計の黄金率とか言うけど家庭は千差万別なのだからそれぞれの家庭に合った比率があるんだよ?ただ、貯蓄を収入の25%分確保することと、固定費とそれ以外の比率は大雑把でも考えよう」ということでしょうか。

この固定費とそれ以外(生活費)を大雑把に分けるのは家計ノートでも行ってますが、比率までは見えてません。その辺りを見れる様に、午前中にGoogleスプレッドシートでいろいろいじくっておりました。

作るだけならExcelでもいいのですが、Googleスプレッドシートだとパソコンからもスマフォからも入力やグラフ閲覧が出来るので便利です。

 

出来上がったものは・・・

どんな風になったかというと。

まずは予算と特別支出の部分。

f:id:fceee:20170305210503p:plain

 

予算は基本的に毎月は変わらないのですが、今後の状況を見ながら微調整をしていこうかなと。貯蓄:固定費:生活費=1:1:2というのはどうなんでしょうね。本来は2:1:1くらいが適切な気がします。いずれそうしたいところです。

特に食費ですね。8月は仕事が忙しく外食が多くなると思われるので、その分多くなったりとかあるでしょう。

 

その下は特別支出を入力します。帰省や自動車保険などの年に1~2回のものを入力する予定です。ここは基本貯蓄からの補填分と考えてますが、月の総収支には含めます。

次に毎日入力するところ。

f:id:fceee:20170305211227p:plain

毎日の支出があったらこの部分に費目ごとに入れていきます。入れ方は大雑把に。

例えばスーパーで食料品と日用品を買ったら、半分ずつとかざっくりとした比率で。

生活費の横にある「日割予算 ¥5,913」というのは生活費予算を日割した金額です。

1日をこれ以下で暮らせたらいいよという目安。平日は全然楽勝なのですが、飲みにいったり土日はすぐ超えます。うーん(´・ω・`)

固定費で毎月定額な部分は色付きのセルで決めてます。3/12のは純金積立の分で手数料が掛かってるのでその分だけ生活費のその他に仕分けてます。

こうして入力したものをどうやって確認するか悩んだのですが、次の様にしてみました。

f:id:fceee:20170305212100p:plain

その日貯蓄・固定費・生活費でそれぞれいくらずつ使ったのかの集計と生活費のチェックです。

前述の日割予算とその日の生活費を比べてるのが「日収支」です。条件付書式で赤字になるとセルを赤くしてます。今週は東京から友人が2回来たのでその対応と冬物のコートをクリーニングに出したりで3日ほど赤字・・・

その横の「予算累計」と「収支累計」は後述のグラフ用。「予算累計」は前述の「日割予算」を累積したもの、「収支累計」は「日収支」の累計で、その月のその日時点での収支判断用。「修正予算」は、現時点で入力されている金額から日割予算をこの金額にしないと赤字になるよという目安。当日以降の分だけを見て、過去の分は無視します。

今週使いすぎたので、来週はかなり節制しないと赤字になることが判りますね(´・ω・`)

f:id:fceee:20170305213459p:plain

そうやって入力していくと、一番最後に費目ごとの集計欄があります。

ここで前述の予算との比較なんかをしたり、支出に対する比率を計算してます。

f:id:fceee:20170305213653p:plain

貯蓄・固定費・生活費ごとの合計なんかはこちらで。右の「支出累計」は「生活費計」と同じ金額になります。違ってたらどこかの入力がおかしいという仕組み。

f:id:fceee:20170305214002p:plain

支出入力の下にはグラフが。

前述の「日収支」を棒グラフにしたものと「予算累計」と「支出累計」の対比グラフ。

「日収支」はいつ多くお金を使ったかを自分に思い知らせる為に。

「予算累計」と「支出累計」のグラフは、「支出累計」が「予算累計」の下にくればその月の生活費は黒字なのをすぐ判る様にするためです。

その舌の円グラフ2つは比率を見る為だけど、左のグラフは固定費と生活費それぞれの比率に分けた方がいいのかもしれませんね。

f:id:fceee:20170305214706p:plain

そして最後が収入と収支の部分。収入は毎月微妙に変動するので先月の数値を仮でいれております。

収入から支出総額を引いたものを総収支、毎月の収入分から固定費+生活費を引いたものをベース収支としているのは家計ノートの考え方です。あ、「総収支」のところを「総支出」ってしていますね(;´・ω・)

 

えっと、ベース収支を予算の97,500円以上にまでもっていくのが当面の目標になります。・・・うん、飲みに出なければいいのは判ってるんだ(´;ω;`)

 

このシートに2月の実績を入れてみた

では、先月の支出をこのシートに入れてみるとどうなりますか。

f:id:fceee:20170305215253p:plain

日別の収支のグラフを見ると、飛びぬけて赤字な日が2日、そこそこ赤字が3日、ちょい赤字が4日あるのが判ります。残りの19日は黒字なんですよね。ここから僕のパターン(使わない時は使わないけど、使うときはガッツリ使う)というのが見て取れて(;´・ω・)

うん、今月は飲みに出るのをセーブしないとね・・・(と、書きつつ既に今週2回飲みに出てます)

 

3月第1週の支出

めげずに今週の支出です。今週は前述しましたが、1日と3日に友人が遠方から来たので食事とか土産を渡したりとかで出費大。特に1日はちょっとお高いお店→スナックというパターンで高くなりました(-_-;)

費目別では次の感じです。上の画像とは若干異なります。

  • 通信費 300円(オンライン家計簿「Zaim」の月会費)
  • 食費  6,099円
  • 日用品 1,480円
  • 衣服費 9,707円(冬物のクリーニング代がメイン)
  • 娯楽費 17,900円(飲み代2回分とヨガの本)
  • 交通費 3,150円(飲みに出た時の往復の交通分)
  • 交際費 20,400円
  • その他 1,350円(クレジットカードの年会費)

冬物のクリーニングは、コート類をまとめて出したのが大きいですね。

コートそのものの数を減らすのがいいかなぁ。万能な1枚があれば、それにまとめて減らせるんですが、なかなか踏ん切りつけれません。

 

Webな記事記事

ameblo.jp

二人のお子さんを頑張って育ててるシンママさんの記事。自分の甘さを反省してしまいますね。

 

www.ikedahayato.com

 

いろいろな資産運用されてる方の収支。年利で6%くらいですか。このくらいあればまずまずではないでしょうか。

僕もこの位出るといいのですがね。

 

news.livedoor.com

 

昨日の「大学生の6割が社会人になったら資産運用したい」って記事がありましたけど、投資は若いころから始めるのがいいですよね。地道な積み立てが一番大事ですよ、うん。なんだかんだと僕が一番収益出ているのは、10年以上続けている純金積立ですから。

 

odumariko.blog.jp

1ヵ月食費2万円!

すごいなぁ・・

朝も自炊したらいけるのでしょうか。確かに朝のコンビニ朝食は地道に割高なんですよねぇ。

 

さて、明日からまた冷え込むとかの話がありますので、風邪を引かないように暖かくして寝ないとですね!