読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体と家計のダイエット

バツイチアラフォー男が弛んだ身体と家計をダイエットする日々

家計:たかがお金のことなんです。

家計ダイエット

 誘い誘われて?

 今月はなぜかお誘いが多くて、火曜日は外食+飲みでした。

たまに行っているBarのお客さんから「たまには御飯行こうぜ!」みたいなノリでお呼びが掛かりました。こういうのは楽しいし、誘われる内が華なので本当にお財布の中が寒くない限りは応じる様にしています。ありがたいことです。仮にドタキャンされた穴埋めだとしてもね

結局3軒ほど食べて飲んで・・・

 

 当然その分お財布へのダメージはありまして、交際費は今月の予算を1万程度オーバー、生活費全体も今日時点の予算を2万5千円ほどオーバーしています。3連休はイベントが二つとかあるのでちょっとキツいなぁ・・・

もちろんお財布以外に身体へのダメージも大きいんですけどね(>_<)

f:id:fceee:20170316230908p:plain

赤い線は生活費の予算を日割りしたものを累積しているグラフになります。そして実際の支出累積が青いグラフです。

このグラフを見ると1円も使わなければ3/21には収支がプラスになるのですが、3連休があるのでまず無理ですね。月末までには収支0にしたいところです。

 

どうせ使うなら「楽しい時間」を買いたい

家計をダイエットしたいと言っているのに、ホイホイ誘われて行くのは違うんじゃない?と思われる人がいるかも知れませんね。

僕も昔はそう思ってました。

ただ最近は「楽しい時間」を過ごすためにお金を使いたいなと考えてます。その為に不要な支出は抑えたいし、入ってくる収入を少しでも増やしたいと。単に収入を増やすだけなら副業を始めるなりいろいろ方法はあるのですが、それってどうなの?って思います。

例えるなら、800円のラーメン(味は普通)の100円引きクーポンがあるからって60分の行列に並ぶくらいなら、割引されてない1,000円の少し美味しいラーメンを食べたいなってことです。

これがキッカケで元カノから婚約破棄されたのはナイショ

だから、差し引き300円高いラーメンを食べる為にお金に余裕が欲しいなぁというのが家計ダイエットを始めたキッカケでもあります。

 

「たかがお金のことなんです」という考え方

有名なファッションバイヤーでコラムニストでもあるMBさんという方がいます。その人のブログのタイトルが「たかが洋服のことなんです」。すごいでしょ。ファッションを商売にしちゃう人が自分の商売手段を「たかが」って言っちゃうんですよ。

webnewtype.com

この発言、「洋服のことで悩んでないで、もっと気楽に楽しもうよ」という趣旨だと僕は受け取ってます。

それと同じで、「お金のことで一喜一憂する時間があったら、もっと楽しめることない?」と思います。だからこそ後々悩まなくてもいいように普段しっかり考えたいなと思います。

 

と文章を書いてたら、同じ趣旨の記事を見つけました。

 

blog.livedoor.jp

 

あぁ同じようなことを考えてらっしゃる人がいるんだなぁと、少し安心しました。

 

RSSみたいなWeb記事集 

blog.livedoor.jp

上述の方のブログ記事です。

僕も先月、家のインターネット契約とスマフォの契約を見直しました。独身なのでプレゼンは不要でしたが、事前のシミュレーションと行動力は本当に大事ですよね。

 

 

www.lifehacker.jp

家計本でも大人気のデビットカード

クレジットカードより優れているのは、利用実績の視認性。使ってすぐに利用実績がWebや通帳で確認できるのは確かに便利だと思います。クレジットカードは数日~1週間のタイムラグがありますから。

「使いすぎると困る!」という人は現金持ってても一緒じゃないのかな?と考えますけど、社会人に成り立てだったり大学生だったりのお小遣い用の口座でデビットカード運用というのは正しい選択なのかも。

デビットカードの使用で常時1%以上のポイント還元が出来る銀行があれば最強なのかな?

 

jin-plus.com

特上厚切り牛タン炭火焼定食の件、とても面白かったです。あぁ、僕も同じことするだろうなぁと(笑)

金銭感覚は、買い物の基準と言い換えてもいいと思うんです。

 

 僕の前述の考え方とも少しリンクしてますね。僕はどちらかというとさらに金銭=時間とも考えてます。その値段の為に自分がどれだけの時間を働けるかということですね。この辺りはまた少し考えをまとめてから書きたいですね。

ちなみに僕はシンプルなラーメンなら税込み900円が限度かなぁ。 

 

lite.blogos.com

マンションなどの不動産投資が胡散臭くみられるのはよく掛かってくる勧誘電話が多いからだと思うのですよね。本当に信頼できる業者ならいいんですけどね。

来年には僕も初めてみたいなーと考えてる次第だったり。

 

toyokeizai.net

書いてあることは真っ当なことです。ただあまりにも対象がステレオすぎてなぁ(;'∀')という感じ。

 

blog.livedoor.jp

先ずはズボラでもいいから、支出を把握するのが一番ですね(´∀`)
家計簿を付けるのは目的ではなく手段ですから。

まったくもってその通りですね。

ついつい目的と手段が入れ替わるのですよね←昔何度か挫折した理由がコレ

公言しなくてもいいから自分の中に確固とした目的があればよいのかもしれないです。