身体と家計のダイエット

バツイチアラフォー男が弛んだ身体と家計をダイエットする日々

身体:飴と鞭のモチベーション

モチベーションが落ち始めています

ダイエットを始めてはや2か月。なんとなーく絞れてきたかな?という曖昧な感覚はあるのですが、それが腹囲とか体重に現れてきません。数字でいうと体脂肪率21%以下が全然見えてきません。

瞬間的に20.8%とかが見えたときがあるのですが、それも一瞬の幻のごとく消えていきます。

正直、ここからモチベーションを維持していくのが難しいなぁと感じてるところでした。

 

どうやってモチベーションを維持するか

こうなると、巷でダイエットグッズやダイエット本が売れるのがとても判る気がします。ダイエット始める→効果が実感できずモチベーションが下がる→新しいダイエット手法に走る→効果が実感できず・・・・というループなのかなぁと。

ここからどうやってモチベーションを維持するか。

簡単に思いつくのは、いわゆる飴ですよね。スタイルがよくなってサイズの小さい服を着たい、異性にモテたいetc

僕の場合、医者からの指導がキッカケなのでそういう飴が思いつかないのですよね。んー、異性にモテたいのは山々ですがモテないのはスタイルが原因ではないからなぁ・・・(´;ω;`)ジブンデカイテテカナシクナッタ

驚愕の事実!

そんなことを悩みながら今朝洗面台で手を洗ってたとき、顎を引いてる状態で目線だけ鏡に向けた瞬間驚きました。

 

めっちゃ顎の肉がタプタプやん!

 

普段鏡を見るときって髭をそるときだけなので、顎を上にあげてる時間が多いのですよね。だから気づきませんでした。

僕の顎はタプタプです。安西先生までは行きませんけど、下を向くと肉に半分顎が埋まってます。

これは非常に醜い状況です!

 

これはがんばらないとですね・・・ 

と、飴とは逆な意味でモチベーションがあがり本日もジムに行ってきました。筋トレ1時間+ヨガ1時間。

本当はトレッドミルでも走りたかったけど、閉館時間だったので仕方なく。

 

これはあれですね。飴とは違う鞭によるモチベーション維持といえましょう。

 

そんなモチベーション維持、イヤだけど(´・ω・`)