読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体と家計のダイエット

バツイチアラフォー男が弛んだ身体と家計をダイエットする日々

家計:WealthNavi for 住信SBIネット銀行を始めます

忘れていた訳ではないですよ?

もう結構経つのですが、下記の記事で書いてましたWealthNavi for 住信SBIネット銀行に申し込みました。

金額はきっかり30万円。ここから月1万ずつ積み立てる予定です。

 

fceee.hatenablog.jp

 

 

www.netbk.co.jp

 

ホームページの見れなくなったファンドの件も光明が

 下記の記事でも書いた預けているファンドのことを問い合わせてみました。

 

fceee.hatenablog.jp

 

回答は「4月から新組織に移るのでホームページは一時閉鎖しています。もし解約するなら手数料6%で解約受け付けますよ」

・・・うわぁぁ、怪しい。理由はないけど、怪しさをたっぷり感じます。

多少の損失は勉強代と思って解約することにします。

丸々損するよりは絶対マシですから。

返ってきた分はクラウドクレジット、新しい投資用、住信SBIネット銀行への定期預金に分割する予定です。住信SBIネット銀行は総額預金が100万を超えると他行への振込が3回まで無料になるもので。

 

Web記事s

diamond.jp

じっくり読んで判断できました。

年に飛行機に2回乗れば十分な僕にはdカードGOLDで問題ないですね。今の支払い関係が全部移せればAMEX ANAのカードは解約しなきゃ。

 

www.lifehacker.jp

 

タイトルの「ラテ・マネー」とはなんぞや?と思いますが、これは

 「ラテ・マネー」とは、意識せずに使っている「自分にとっては実は重要ではないお金」のこと。

必要性を感じていないにもかかわらず、習慣だからと毎朝買っている「カフェラテのようなもの」というたとえから生まれた言葉だそうです。

 僕で言うと、先日まで買ってた毎朝のコンビニコーヒーのことですかね。確かに朝食をコンビニで済ます時につい頼んでしまうのですよ。最近では頼まなくてもミルクと砂糖が1つずつ入ってるくらいに。

たかが1杯100円ですけど、月20日間の勤務で月2,000円。1年で24,000円ですから、大きいですね。ふむふむ。

他にもいろいろありそうなので、よく考えてみなくては。

 

 

kirarinasset.com

正直目標は考えてませんでした。

とりあえず65歳までに3,000万かな。老後もそれくらいあれば安心らしいので。 

 

ure.pia.co.jp

見直しが簡単にできるというのは手書きでの家計簿の優位点ですよね

アプリやエクセルはやはりただ入力しただけでに終わってしまいがちですから。

そこを工夫でどうにかしたいところです。

  

headlines.yahoo.co.jp

高い買い物を避けようとするのが節約の王道だと思っている人は「逆転の発想」をしてみましょう。むしろ少額の買い物に、節約のニーズが潜んでいます。 

ここでも上述のラテ・マネーについて言及されてますね。

毎日買うちょっとした無駄遣い、これが問題なのでしょう。

 

m.finance.yahoo.co.jp

なんでもかんでもこだわりを持つと破たんするので、一番こだわるところはこだわって、譲れるところは譲りましょうということですね。

次のも同じような記事です。

 

a.excite.co.jp

生活のゆとりの為に節約してるのに、それで心のゆとりを無くしちゃ意味ないことですよね。

 

m.finance.yahoo.co.jp

 

貯金にもアプローチが必要というお話ですね。

節約が改善的アプローチ、資産運用が戦略的アプローチという認識でしょうか。両方必要なのでしょうねー