読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体と家計のダイエット

バツイチアラフォー男が弛んだ身体と家計をダイエットする日々

家計:時間をお金で買ってる訳です(4月第2週支出まとめ)

先月の反省から

4月も第2週が過ぎようとしてますが、桜が一気に咲いて一気に散ろうとしている感じですよね。

もうちょっともつのかな?

あいにく昨日今日と天気があまりよろしくなくて、お花見に行きたくても行けない方が多かったのではないでしょうか。

僕は昨日と今日は休日出勤だったので全く関係ありませんでしたが。

 

さて、先月の反省で食費が掛かってるというのがありまして。

fceee.hatenablog.jp

朝食をコンビニで済ませてたのが原因かなぁと考えてたのですが、あることに気付きました。

野菜を摂らないとなと「キャベツの千切り」や「ミックスサラダ」をコンビニで買ってたのですよね・・・

「キャベツの千切り」としてもコンビニで150gで100円、スーパーでキャベツを買うと1kgで200円くらい?費用が1/3くらいになる計算ですよね。

外食の日もあるのですから毎日では無いですが、平日はほぼ買ってましたからね・・・

「便利」ということは「時間を買っている」ということ

この「カット野菜」、とても便利ですよね。

洗わなくていい、切らなくていい。買ってきてそのまま出せるってのは便利の極致ですよね。

でも時間を掛けなくてもいいんですよね。自分の時間を掛けずに済むことにお金を掛けてることになります。

 

ということは、自分の時間を使わないと節約もできないんですよね。

ということで、今週からキャベツを買ってきてそれを毎日食べることにしました。毎日千切りしてます。千切りというより百切りくらいなんですが(;'∀')

 

とりあえず4月第2週の締め

まぁ、そんな変化もあった4月の第2週の支出です。

  第2週 4月累計 月予算 予算消化率
食費 ¥6,589 ¥12,185 ¥38,400 31.73%
日用品 ¥1,883 ¥4,471 ¥16,000 27.94%
衣服費 ¥1,077 ¥3,687 ¥9,600 38.41%
娯楽費 ¥15,130 ¥15,130 ¥32,000 47.28%
交通費 ¥2,220 ¥2,220 ¥11,840 18.75%
医療費 ¥0 ¥2,230 ¥4,800 46.46%
交際費 ¥7,880 ¥7,880 ¥16,000 49.25%
その他 ¥0 ¥250 ¥3,200 7.81%
合計 ¥34,779 ¥48,053 ¥131,840 36.45%

食料を買いだめしたのですが、それにしては先月より食費が安くすんでるのかな。冷凍食品とかを買ってるし、まだまだ減らす余地はありますかね。

全体的に予算の消化が早いですねぇ。

なんとか支出を予算内に収めたいところです。 

費目のバランスはこちら。

f:id:fceee:20170409231742p:plain

まだまだ娯楽費が多いなぁ。

 

Web記事s 

ここ数日は家計関係の記事が多かったですね。

春だから? 

 

news.livedoor.com

 

いろんな節約方法がありますね。

 

m.finance.yahoo.co.jp

分散投資と長期積立、皆さん言ってますよね。

甘い話は無いということですか。 

 

ipomechanic.com

僕もこれは気になってました。何かサービスが違うのかなと。

結論から言うと住信SBIネット銀行の口座を持ってる限りは、最低投資金額以外は変わらないということですね。

 

news.livedoor.com

news.livedoor.com

確定拠出年金関係の記事2つの記事です。

自分の将来を託すならしっかり勉強しないとですよねー

 

jin-plus.com

 家計簿はアバウトでOKっていうのは、このblogでもいろんな記事を紹介してますよね。この記事の次の言葉が真髄な気がします。

そんななかでも、結局のところ、先月よりも資産残高が増えていればオッケーです。

 

 

 

m.finance.yahoo.co.jp

家計簿をつけるノウハウというよりは気持ちの持ち方が解説されてますね 

一番いけないのは家計と向き合わないことです。家計簿でしっかり家計と向き合っていきましょう。

 

jbpress.ismedia.jp

資産家と呼ばれるようにはならないでしょうけど、考え方というか気持ちの持ち方はこうありたいなーと考えます。

 

jin-plus.com

削るべきところは削り、削っちゃダメなところは削らない!という考えですよね。

生活が苦しいから節約をする・・・

というよりも、自分がしたいことのための節約が一番です。

自分がしたいことですかぁ。

そこをまず考えてみることから始めるのもいいかもしれないです。