身体と家計のダイエット

バツイチアラフォー男が弛んだ身体と家計をダイエットする日々

家計:所得税の税率とか

 先週末のこと。

先週の土曜日に二件目のワンルームマンションの商談(J社)をしてきました。

都心の駅近くで築15年以下、月8,000円ほどプラスになるという条件に心が動かされました。その時点では一旦回答は保留。

その商談の前段で中古ワンルームマンション経営向けのセミナーに参加。素人では判らない中古物件の注意点などを詳しく教えて貰えて参考になりました。外壁にコンクリートの打ちっぱなしの物件はお洒落だけど銀行からの評価は低くて融資が通らない時があるとか。

当たり前ですけど、こういうセミナーって新しい知識が得られて面白いですよね。また機会があったら参加しましょう。

 

それとは別にもう1社(S社)、こちらは新築専門のワンルーム管理会社との商談・・・のはずだったのですが、急な仕事が入りキャンセルすることに。ドタキャンは嫌だなと思ったので前日に電話したところ、ちょっと失礼な対応をされて不快な気分に。素直に「仕事でキャンセルしたい」と言ったところ「他の不動産会社から『会わない様に』とか言われたんでしょ」と。この一言にカチンと来ましたが、そこは大人の対応として、「そんなことは一言も言われてない。会えないのは残念なので送れるだけの資料をメールで送ってほしい」と頼んだのですが・・・

翌日に更にダメ押し。そのS社の他の営業から「先日お送りした物件はいかがでしょうか?」と電話。「え?そちらのY様と現在お話させてもらってますが、違う件ですか?」と確認すると「あ・・・すいません」と電話終了。

どの営業さんがどの顧客(候補)と話を進めているのか管理されてないのですかね。ということで、その時点で商談終了を決意。

最初に商談したJ社の案件の契約を進めたいと考えてます。

 

所得税について

今回、ワンルームマンションを買おうとして営業さん皆さんが言うのが「所得税って高いと思われませんか?」ということ。

んーと思って給与明細見ると、所得税21,360円/月、住民税41,300円/月取られてます。

住民税、所得税の倍なのかよ・・・

まぁ、これが年末調整や確定申告を行うことで色々考慮されて返ってくるんですよね。

その中に不動産での損失を入れられるので返ってくるのが増えると。

 

所得税の境目

では年末調整や確定申告で課税される最終的な金額は・・・というと、↓のページに書いてあります。

No.2260 所得税の税率|所得税|国税庁

今回初めてじっくり見て驚いたのが、段階制なんですね。

僕らに関係しそうな金額は課税所得金額が330万の時と695万でしょうか。

 

収入に増えるにつれて所得税のカーブがきつくなる

 

税率が徐々に増えるということは給料が同じ金額上がっても、税金の上がり方がきつくなるということなんですよね。

そりゃ、みんななんとか経費とかで所得を圧縮したいと思いますよね。。

その為の不動産投資なのかーと納得。

これで少しでも収支がプラスになるならいいことですよね。